黄金樹は、テレビショッピングをきっかけに大ブレイクした育毛剤の黄金宮を改良した育毛剤なのです。日本かんきつ研究所株式会社が開発・販売を行っています。黄金宮と黄金樹の違いとしては、カンキツエキスの配合量になります。黄金宮に配合されているカンキツエキスは三十パーセントですが、黄金樹は40%に増やされているのです。カンキツエキスが10%増量されていることで、より頭皮の保湿効果が高まって、育毛環境を整える事ができるでしょう。それに、黄金樹は噴霧式のボトルを採用していますから、ピンポイント式のボトルの黄金宮よりも、広い範囲に塗布できます。また、黄金樹には黄金宮と同様に、温州みかん、イヨカン、甘夏の三種類の柑橘類から抽出したカンキツエキスのほかに、センブリ抽出液、ニンジン抽出液、グリチルリチン酸ジカリウムと言う育毛に有効な成分が配合されているのです。ただ、カンキツエキスが増量されて頭皮を柔らかくする効果が増した事により、これらの有効成分が浸透しやすくなっているんですね。べとつきのない使用感や柑橘系のさわやかな香りが、黄金樹と黄金宮に共通する特徴になります。育毛剤にありがちなスースーする感じもしませんし、敏感肌の方でも使用出来ると評判なのですね。使い始めてすぐに効果が実感出来ると言うことは少ないみたいですが、半年から一年使用を続けているうちに、抜け毛が減ったり、フケや痒みがなくなるなど、何らかの育毛効果を感じるになるはずです。黄金樹と一緒にアミノ酸系シャンプーの黄金香やサロン仕様女性向けシャンプー黄金麗、みかんのカラートリートメントの黄金妃なども使ったら、どんどん育毛効果を高める事ができますね。二〇一一年四月二十日には、黄金樹と黄金宮にさらに保湿成分を2種類プラスした薬用黄金香も発売する予定ですー